自転車の飲酒運転取り締まり
自転車の交通違反と罰則 自転車も交通ルールを守り、正しく通行しなければなりません。
徳島県の自転車規制
飲酒運転の禁止
道路交通法 弟65条1項
何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。
何人も、車両等を運転する事となる恐れがあるものに対し酒類を提供し、又飲酒をすすめてはならない。
罰則規定
道路交通法代17条の2
車両等を運転した者で、酒に酔った状態に該当する者は、
3年以下の懲役又50万円以下の罰金に処する
夜間自転車で交通事故に遭わない為に 無灯の自転車
車を運転している方はご存知でしょうが、無灯自転車は発見が遅れます。
特に冬場は黒い色の洋服を着用していると、発見できません。
夕方自転車で走る時は電灯を点灯してください。
戻ります